土 地 に 関 す る 仕 事

土地家屋調査士は土地の境界を調査します。

  不動産(土地)の管理は境界標の
設置から始まります。
  境界標は所有する土地の範囲を
確定します。
  土地売買、建物建築、宅地造成
するときなどは、境界標の確認が
必要です。



土地家屋調査士は土地の地積の測定をします。

  取引の安全は地積の測定から始まります。
 「地積測量図」は土地の所在位置、
形状、面積を証明しています。
  地積の測量は「土地家屋調査士」へ
ご相談下さい。


土地家屋調査士は表示登記の代理申請をします。

土地・建物の管理は、登記簿の表題部に
その状況を正しく記載する事から始まります。
土地の地積や、何処にどのような建物があるのかを
表示登記ではっきりさせます。
表示に関する登記は「土地家屋調査士」へご相談下さい。


土地家屋調査士の仕事のページへ

建物に関する仕事




このページは、大阪土地家屋調査士会堺支部が広報活動として各官公庁に配布している
リーフレットとから抜粋して、複製により作成したものです